アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし

postheadericon 医療施設

病院とは、病気や怪我をした際に医師が治療のため医療行為を行ったり、重症化した際には入院が出来る施設が備わっているなど総合的な医療施設である場合が多い。
一般的には規模にかかわらず病院と呼ばれる事が多いが、定義では医師または歯科医師が医業を行う場所で、患者の入院施設が20床以上であることが条件である。
患者の入院施設が無いまたは20床未満の入院施設を有する場合は診療所と呼ばれる比較的小規模な医療施設である。病院にはそれぞれ担当する医師がおり、内科や精神科、心療内科、脳神経科など総合病院では様々な治療科が存在する。

♮内科
病院が総合病院だった場合、その中には診療科が様々混在している。その中の一つに内科と呼ばれるものがある。
一方内科と対照的なものとして挙げられるのが外科である。内科と外科の違いは、メスを持つか持たないかだということである。
メスを持って手術などを行うのが外科医、そしてメスを持たずに薬などによる治療を行うのが内科医である。内科と外科はよく内側と外側で例えられることが多い。つまり、内科は薬などを用いて病気を体の中から外へ出すということを目的としている。一方外科というのは、体の外側から手術などにより病変部を取り除き治療するのが仕事である。

♮脳神経科
脳神経科では、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳卒中など脳に関わる病気や脳腫瘍、椎間板ヘルニア、パーキンソン病など脳や脊髄、そして末梢神経系に関する病気の治療を行っているところである。
脳というのは、私達の身体の中でものを考えたり、思考したりと私達が何を思って何を考えて行動するなどこころと同じ働きをするものである。
脳の病気というのは、他の病気と違い、脳の機能がおかしくなってしまうと言語障害になってしまったり、物忘れがひどくなってしまったりと様々な所で症状が現れます。
なので、身体に異変を感じたり、頭痛がひどいといった些細な事でも脳神経科を訪れて治療するのがいいでしょう。

OUT LINK

脳動脈瘤を治療する名医がいる病院@富永病院

こわい脳梗塞にならないためには:脳梗塞の原因と症状~そして予防法

2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031